電話・携帯・インターネットを安く快適に≪Just Plan.net≫  

Try Internet Phone
 
携帯を安くしようトップ
ケーススタディ
割引サービス比較
標準通話料比較
一般電話からの通話料
ドコモデジタル
ドコモシティフォン
au
J-フォン
ツーカー
「携帯電話・PHS」掲示板
 
 

 




通話料はややドコモが安い!
 各社とも様々な料金プランがあり、その通話料はプランごとに全く違う。ここでは、各社の最も基本的な料金プランの通話料金を比較した。下記一覧表は相手先別に10円で話せる秒数をまとめたものだ。参考までにPHS(DDIポケット・エッジ)の料金も加えてある。ただし、PHSは1通話ごとに10円が加算されることに注意。

 対固定電話に関しての通話料を見てみると、ややドコモが安くなっている。特にシティフォンが安い。また、auの平日昼間の通話料が若干高いのが気になる。

 自社グループ携帯電話への通話料に関しては、各社ともほぼ横並びであまり差はない。ただし、ドコモシティフォンはやはり安い。他キャリア(会社)への通話料についても同じことが言える。

 PHSに対しての通話料に関しては、ドコモシティフォンも含めて各社あまり差がないが、やはりauの平日昼間の通話料が若干高く見える。

 全体的に見ると、ドコモシティフォンの安さが目に付く。しかし、シティフォンは「iモード」が使えないことや、機種が少ないなどの問題点がある。「携帯は通話だけ。機種にもこだわらない。」というのであればオススメだが・・・。

 シティフォンを除いて考えてみても、全体的に若干ドコモの通話料が安いようだ。Jフォンとツーカーはほぼ同じ通話料。auは、対固定電話と対PHSの平日昼間の通話料がやや高いのが気になった。

 また、ここでPHSの料金の安さをあらためて認識したのではないだろうか。固定電話やPHSへの通話に関しては、携帯からの通話料の半額以下となる場合が多い。携帯への通話に関しては、やや高くなるが、それが少ないならPHSの通話料の安さはかなり魅力的だ。

■相手先別10円で話せる秒数
相手先 キャリア
平日昼間
8時〜19時
夜間
19時〜23時
土日祝日
8時〜23時
深夜・早朝
23時〜翌8時
固定電話 ドコモデジタル
26秒
30.5秒
34.5秒
47.5秒
ドコモシティフォン
26秒
43.5秒
47.5秒
65秒
au
18秒
28.5秒
31秒
42.5秒
J-フォン
22.5秒
30.5秒
31.5秒
42.5秒
ツーカー
22.5秒
30.5秒
31.5秒
42.5秒
DDIポケット(参考)
※1通話ごと10円加算
60秒
60秒
60秒
70秒
自社グループ
携帯電話
ドコモデジタル
18秒
26.5秒
30秒
41.5秒
ドコモシティフォン
25秒
41.5秒
45.5秒
62.5秒
au
16秒
26.5秒
29秒
40秒
J-フォン
16.5秒
26.5秒
30秒
40秒
ツーカー
16.5秒
26.5秒
30秒
40秒
DDIポケット
※1通話ごと10円加算
16.5秒
15/24秒
15/24秒
15/24秒
他キャリア
携帯電話
ドコモデジタル
16秒
23.5秒
26.5秒
36.5秒
ドコモシティフォン
20秒
37秒
37秒
51.5秒
au
16秒
26.5秒
29秒
40秒
J-フォン
15秒
23.5秒
26秒
35秒
ツーカー
15秒
23.5秒
26秒
35秒
DDIポケット(参考)
※1通話ごと10円加算
16.5秒
15/24秒
15/24秒
15/24秒
PHS ドコモデジタル
20秒
21秒
21秒
21秒
ドコモシティフォン
20秒
21秒
21秒
21秒
au
12秒
20秒
20秒
20秒
J-フォン
20秒
20秒
20秒
20秒
ツーカー
16.5秒
20秒
20秒
20秒
DDIポケット(参考)
※1通話ごと10円加算
60秒
60秒
60秒
70秒
※10円でかけられる秒数。同一都道府県または自社営業区域内の料金。ドコモはプランA(基本料4500円)、auはおてごろプラン(基本料4600円(デジタル))、Jフォンはスタンダードプラン(基本料4300円)、ツーカーはビジネスプラン(基本料4500円)。
※PHSは、上記通話料とは別に1通話ごとに10円料金が加算される。料金プランは標準コース(基本料2700円)。(15/24秒)は、最初の1分15秒10円、1分以降24秒10円。